虹のなる木

生活で気になるアレコレを紹介してます♪

病気

円形脱毛症の子供が学校でいじめられないか?接し方は? 経験談有り

投稿日:2018年3月31日 更新日:

円形脱毛症のお子さんをもつ親御は、
治療の心配とは別に学校でいじめられるのでは・・・と
不安もあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク
  

円形脱毛症の原因の一つとしてストレスも考えられる事から、

ストレスを溜めない様にするには、お子さんとどう接したらいいのか

いじめられない為に出来ることはないのか

について、ご紹介します。

円形脱毛症の子供の学校でのいじめについて

 いつも親と一緒れば、いじめられても対処が出来ますが、
 学校は親の目が届かず、円形脱毛症のわが子がどう過ごしているのか
 気になりますよね。

 円形脱毛症は、お子さん自身にとってもご家族にとっても
 強いストレスと衝撃的な体験です。

 ただでさえ頑張って治療をしているわが子に病気の事を周りから指摘されたり、
 いじめられたりする事を想像すると胸がキューっと痛くなります。

 特に小学校の高学年からの多感な時期は、お洒落に敏感になったり、
 周りからどう見られているかが気になります。

 お洒落に興味はあっても、髪がないせいで似合わないと
 消極的になる事もあります。
 
 クラスの友達からの配慮のない言葉に傷ついて、不登校になってしまったり、
 外出を嫌がって引きこもりになる場合もあります。
 
 私の場合も母が可愛い服を選んでくれても似合わないので、
「これ派手じゃない?」って気にしていました。
 母は、「これくらい大丈夫よ!可愛いよ~」って褒めながら、
 お洒落をさせてくれてました。

 心無い言葉を言う人がゼロになる事はありませんが、
 学校でいじめにあう要素を少しでも減らす方法がありますよ。

 

1.学校の先生に病気の事を伝えておきましょう!

   学校の先生に関わらず、お稽古の先生、子ども会などで
   お子さんに接する機会のある周りの大人に病気の事を伝えることで
   味方につける環境を整えることが出来ます。

   例えば・・・

   他の子に「ハゲ」とからかわれた場合、周りの大人が知っていれば、
   かばってくれることがあります。

   周りの大人も病気の事を知っていれば、
   「あれ?髪少ないね?どうしたの?」と
   お子さんの聞いて欲しくない質問をしなくなるでしょう。

   私の場合は、全くと言っていいほど髪がなかったので、
「 何で大人なのにいちいち聞いてくるんだろう」って思ってました。
   
   
   治ってからも美容室で鏡の前に座ると必ず一言目に言われた
   この言葉が大嫌いでした。

   その時点で帰りたくなってました。
 
   「髪のプロなら接してよ」って感じですよね?

   これがきっかけで妹は「髪が少ないね」って言わない美容師になったので
   結果オーライですけど。

   鏡を見る時以外は、髪がないことなんて気にせず過ごせるのに、
   周りから指摘されると、我に返るというか、
   「やっぱ 私おかしいんだな」と思ってました。   

   周りの大人が知っていれば、それ以上に聞かれる機会は絶対減るので
   オススメです。
  
   
 

2.脱毛がかくれる髪型にしてあげましょう

   
   ・脱毛の箇所が少ない場合、ピンで留めたり、髪型を変えるといいですよ。
   「これで大丈夫!」と思えるとと勇気が出ます。

   ・脱毛箇所が大きくなって気にするようでしたら、ウィッグ(かつら)を
    使うことも考えましょう。
    
    帽子をかぶっても、両サイドの髪がないとバレてしまうし、
    教室の中でずっとかぶっているのも気になるでしょう。

    今は私の頃とは違って、ウィッグって呼ぶし、病気じゃない人もお洒落で
    使う時代なので、あまり抵抗なく使えるかもしれません。 
    無理強いせず、お子さんと話し合って決めましょう。

    私の場合は、地肌が丸出しな状態でしたが、かつらは使いませんでした。

    かつらは、ハゲたおじいさんが使うもので、
    風が吹いたらコントのようにピューッと飛んで笑われるイメージだったので
    特に欲しいとも思いませんでした。

    母が心配して「女の子だし、かつら買おうか?」と提案しましたが、
    父が「強くならないから、かつらはいらん」と反対して買いませんでした。

 この2つだけでも気持ちが楽になると思います。
 あとは、お子さんとの接し方で強い子にしましょう。

円形脱毛症の接し方

 母親の自分を責める気持ちや過剰な心配や不安は、すぐに子供に伝わってしまいます。
 
 
 うちの場合も夫婦喧嘩をして夫と口を効かないと、子供がその雰囲気を察知して、 
 私と夫の間に入って、一生懸命話しかけてきます。
 顔色を見ながら、覗き込むように。
 そのくらい子供には敏感に伝わってしまいまい、ストレスになります。

 お子さんの改善されない症状に影響されて、お世話している
 母親の方がノイローゼになりそうなこともあるでしょう。
 お子さんの前で泣き言は言えないし、お仕事をしていたり、
 他に兄弟がいる場合は尚更ですよね。

 そんな時は、父親にも積極的に治療に参加してもらいましょう。
 話を聞いてもらったり、ほんの少しの時間でも逃げ場を作ってもらうことで、
 気持ちがリフレッシュ出来て、また頑張ることが出来ます。

 
 「早く治してあげたい」気持ちは分かりますが、治療には長い期間が必要なので、
 焦らず、ドン!と構えてお子さんの心の負担を減らすことが大切です。

 では、どう接したらいいのか?

 普通でいいです。

 こんな状況なのに普通を演じるってすごく難しいですが、
 病気だからと特別扱いしたり、過保護にする必要はありません。

 母親に特別扱いされると、やっぱり、私はかわいそうな子なのか
 と思ってしまうかもしれません。

 

●円形脱毛症の子供の接し方のポイント

 

1.過保護や特別扱いをせず、出来るだけ親子の会話を増やす

   「今日は何した?」「誰と遊んだ?」などの会話の中に
   お子さんの不安な思いが隠れていることがあります。
   
   何でも話しせる環境を作りましょう。

 

2.自分の病気(円形脱毛症)について理解させる

   お子さんが分かる範囲で大丈夫ですので、どんな病気なのかを
   親や医師から話しましょう。

   病気の事が分かると、友達から聞かれても答えることが出来ますし、
   自分で納得する事が出来ます。

 

3.治療法を選ぶ時は、お子さんの体や精神的成長を優先させる

   治療には色んな種類があります、効果ばかりを考えると体や精神的な苦痛が大きくなります。
   副作用や再発する可能性の視野に入れて、お子さんに合った治療法を考えましょう。

 

4.「脱毛することであなたの価値は下がらない」ことを繰り返し伝える

   自分の事を悲観せず、精神的に立ち直る手出すけになります。

   私の母も「髪が抜けただけで、別にかわいそうな子でも何でもないよ」

  「髪がなかったって、あなたはあなた、何も変わらない」って
   
   いつも励ましてくれてましたよ。

スポンサーリンク

私の体験談

 私の親、特に父親ですが、とても厳しい人でした。
 1分1秒遅れると約束を破ったと怒られて、外に立たされていました。
 なので、小学1,2年生で友達の家に遊びに行っても、
 「おばちゃん、今何時?」と時間ばかり気にして、
 遊びに集中出来ない子供でした。

 食も細かったのですが、出された食事を残す事は許されず、
 時間になると母が運動会のかけっこのテーマ曲、
 チャンチャーン、チャカチャカ チャンチャン チャカチャカ
 を歌い、それが歌い終わるまでに食べ終わらなければ
 裸足で外に出されてました。

 私には2つ下の妹がいるのですが、運よく食べ終わり
 外に出されなかった方は、さっさと寝なければいけませんでした。

 一人は外に出されて、泣きじゃくっているのに・・・
 これは、幼稚園の時からでした。

 小学3年生で引越しして円形脱毛症を発症しました。

 いつも母が父に正座して謝っている夢を見ていて、
 怖くなって、泣きながら生きているかを確認しに行ってました。

 短期間でほとんどの髪が抜けましたが、父が強くなる為!と
 かつらは買いませんでした。

 ほぼ地肌で帽子もかぶってなかったので、よく「ハゲ」って言われてました。
 社会の時間で「なまはげ」の話題が出ると、みんなの視線が
 私に来るようで嫌だったし、とにかく「ハゲ」という言葉に敏感でした。

 そんな私に母は、
 「事実なんだから、ハゲって言われたら、「そうよ、だから何?」って言い返しなさい」
  
 「やられたら、やりかえしなさい。我慢しなくていい」

 でした。

 これはかなり効果的でしたよ。
 「だから何?」って言われたら、それ以上何も言えないでしょ。
 それ以上の言葉がないので、言われて泣いたこともありません。

 私だけではなく、2つしたの妹も
 「おまえの姉ちゃん、ハゲやんね?」って
 言われるトバッチリを食らっていて、いつもごめんねって思ってました。
 妹も母の教え通り?「だから何?」で跳ね返してましたよ。

 ある日、放送で校長室に呼ばれた事があるんですよ。
 何もしてないのに・・・何でかなぁって思っていたら、
 他の学校の校長先生が私に謝りに来ていました。

 理由は、お休みの日に公園で遊んでいたら、他の学校の生徒が
 私に「ハゲ」と言っているのを見たか、他の人に聞いたか
 という事でした。

 私としては、日常茶飯事の事でしたが、まさかそんな事で
 よその学校の校長先生が謝りに来てくれるなんて・・・
 ビックリしました。
 校長室の茶色の上等のソファに座って、にんまりした事を覚えています。

 髪がなくても仲良くしてくれる友達が多かったので、
 いじめられたと思った事はありません。

 公園の出来事のように、けんかをした事はいっぱいありますよ。
 
 嫌なことを言われても、学校に行くのが嫌だと思ったことはありませんでした。
 学校に行くの楽しかったです。

 

 また、脱毛症丸出しで歩いていると、製薬会社の人から声を掛けらた事もありました。

 突然、道端で「その頭どうしたの?お母さんは?電話番号教えて」と言われ、
 怪しい人だと思って、「家には電話はありません」と答えました。

 その様子を後ろの方から見ていた母に、私の症状があまりにひどかったから、
 何とか治療法がないかと思って、つい声を掛けてくれた製薬会社さんでした。

  
 
 円形脱毛症になってから、
 外に出さる事がなくなったり、門限がほんの少しゆるくなる事はありましたが、
 両親に特別扱いすることなく
 
 「髪がなかったって、うちの子には変わりないんだから」
 

 「髪がないくらい何よ。大丈夫、大丈夫。気にしなくていいよ」
 
 って何度も励まされました。
 本当は親が自分自身に言ってたのかもしれませんけどね。

 「絶対治るから、大丈夫!」「絶対治してやるから大丈夫!」

 私が強くなれる魔法の言葉で、家族が最強の味方でした。

 
 中学になる頃には、病院にも行かなくなりました。
 髪は人の三分の一しかありませんが、結んで学校に行ってましたよ。

 いつの間にか「やられたら、やりかえせ」と言っていた母が
 「3倍返ししする程、強くなれとは言ってないよ~」って笑えるほどに。
  

 好きな音楽やファッションを楽しんだり、大人になってからも
 世界一周旅行するくらい積極的になり、「この服、派手じゃない?」と
 消極的になっていた自分が嘘のように人生を楽しむ事ができています。

 あなたのお子さんにも魔法の言葉が見つかりますように。

 

 

まとめ

 1.円形脱毛症の子供には家族のサポートが大事!

 2.親子の会話を増やし、不安をなくそう!

 3.難しいですが、親がドン!と構えよう!

スポンサーリンク

-病気
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

円形脱毛症と併発する甲状腺や膠原病の病気とは?血液検査で解明?

円形脱毛症がなかなか治らない・・・ それは、他の病気を併発している可能性があります。 血液検査で分かる病気について紹介しています。   スポンサーリンク

子供の円形脱毛症にウイッグ、かつら、帽子を検討?(美容室談あり)

お子さんに円形脱毛症が見つかり、学校でからかわれると かつらを買ってあげた方がいいのか・・・ そんなお母さんに医療用ウイッグと普通のウイッグの違いや 種類、医療用帽子について紹介しています。 スポンサ …

円形脱毛症の子供の治療は?薬の副作用は? 私に効果があった経験談

円形脱毛症になった時、病院ではどんな治療をされるのか? 大人と子供の違いは? 気になる薬の副作用について紹介しています。 スポンサーリンク

子供の円形脱毛症は完治するのか?病院と平行できる治療は?

お子さんの頭に円形脱毛症し、病院に行ってもなかなか治らない・・・ そんな時、「本当に完治するのだろうか?」と不安になりますよね? スポンサーリンク

産後の円形脱毛症の治療と原因は?予防法を紹介(経験談あり)

産後の円形脱毛症や治療や原因, 今から出来る予防法について 私の経験を交えて紹介します。 スポンサーリンク

プロフィール

七海(ななみ)

保育園児と小学生2人のママです。
家事、育児、仕事、子供のお稽古と毎日
バタバタですが、
「今しか出来ないことを思いっきり
楽しみたい♪」と奮闘しています!

子供のお祝い事、保育園や小学校の行事、
季節のイベントや子供と行って楽しかった
場所など生活の気になるアレコレを母目線で
書いています♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。